作家彼女。

(腐女子彼女。)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

女心と秋の空  

えー、まずはお知らせから。

Amazonさんで「腐女子彼女。」の予約が開始されたみたいです。
興味ある方は、どうぞ。

腐女子彼女。腐女子彼女。
ぺんたぶ

エンターブレイン 2006-12-08
売り上げランキング : 567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて。
僕の彼女、Y子には、
二つ、嫌いな話題があります。

一つは、年齢の話。

恐らく僕よりも年上である事を気にしているのでしょう。


そして、もう一つは、

――「胸」の話です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 腐女子彼女。

tb: --   cm: 110

お洗濯。  

僕は、学生です。
そして彼女は、社会人です。

どちらの方が時間があるかと問われれば、
それは間違いなく、僕の方です。

ですから、彼女が忙しそうな時は、
部屋の掃除や、食事の準備。
あるいは、仕事のお手伝いまでやっていました。

が。

考えてみれば、「洗濯」だけは、
今までやった事がありませんでした。


最近。

Y子の仕事が忙しそうで、
家に仕事を持って帰ることも多くなりました。

そしてとうとう先日。


Y子「ねぇ!」

僕 「はい?」

Y子「洗濯ものたまってるし、お願いしていい?」

僕 「…は?」

Y子「だからー、洗濯!お願いね!?」

僕 「いや、ちょッ…洗濯!?」

Y子「下着はネットに入れてね!あと柔軟剤は忘れずに!」

僕 「ええッ!?そんな…む、無理ですって!」

Y子「大丈夫!頼んだセバス!」

僕 「分かりました。任せてください」


条件反射。
「セバス」――この言葉はもはや、飼い慣らされた犬に対する、

――「お手」。

みたいなものである。

-- 続きを読む --

category: 腐女子彼女。

tb: --   cm: 87

イラストについて  

皆さんこんばんは。
たくさんの応援コメント、ありがとうございます。

さて。

僕がこのブログを書き始めて、
約一年が経ちました。

この「腐女子彼女。」ですが、
最初の頃は会話中心ではなく、
むしろ彼女に振り回される僕の心境をつづったブログでした。

やがて、僕の心境ではなく、
Y子との会話が中心になり始め。

そして最近では、イラストなんかも描くようになりました。


今日は、その「イラスト」にまつわるお話です。



Y子と二人。
書籍化の準備の為に過去ログを読みながら。


僕 「あ、なんか、本にはイラストも入れるそうですよ?」

Y子「ん、そうなの?」

僕 「はい。…あ、きっとこれが一番最初に描いたイラストですね」



手に持っているのはロイエド本



…おお、懐かしい。


Y子「…あんた、この頃から比べたら、
   イラストの腕が少しはマシになったわね…」

僕 「え?」

Y子「ほら、これが比較的最近のイラスト」





でも夜のご奉仕に期待。




僕 「…………おお」

Y子「ね?」

僕 「こうして二つ並べてみると、なんて言うか…
   初期のイラストがとても痛々しく見えますね…」

Y子「でしょ?」

僕 「いや、最近の方も上手い方と比べたら相当痛いんでしょうけど」

Y子「いや上手い人と比べる時点で失礼よ」

僕 「…ですよね」

Y子「むしろアマの中でも最底辺ね。
   同人誌でも読んで勉強しなさい」

僕 「なぜ同人誌ッ!?」

Y子「ちなみにあたしのオススメはこれよ」

僕 「だからなぜッ!?なぜ鞄に入ってるんですか!?」

Y子「なぜって…ロイエドだからッ!」

僕 「聞きたいポイントはそこじゃないですよッ」

-- 続きを読む --

category: 腐女子彼女。

tb: --   cm: 99

書籍化のお知らせ。  

お待たせしました。
書籍化のお知らせです。

12月8日発売。
価格は1050円となっております。

書き下ろしは9ページ分の追加エピソードが一つ。
そして3ページ程度のあとがき?があります。

イラストの追加も多少あります。
これも全て僕が描いたものになります。

プロの方がイラストを描いてくれたりはしていません。


本当に、最初から最後まで、
素人の文章に素人のイラストです。


それでも、多くの人の力を借りて、
こうして一冊の本にさせて頂きました。

関係者の皆様。
そして、今まで応援して下さった皆様。

ありがとうございました。


…最近、お礼を言う事ばかりの様な気がします。
「ありがとう」という言葉でしか表現できない自分が情けないですが。

ですが、改めて。

本当に、ありがとうございました。


…それと、一つお知らせです。
出版社の意向により、次回更新時に、
最近の記事以外の過去ログを削除させて頂きます。

申し訳ありません。

その分、新しい更新を頻繁に行っていきたいと考えていますので、
ご理解いただけると幸いです。


腐女子彼女。管理人 ぺんたぶ



さて。
続きは、出版社からの紹介と、表紙の写真になります。
-- 続きを読む --

category: 腐女子彼女。

tb: --   cm: 133

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。